あすかい診療所通所リハビリテーション

いつまでも地域で元気に過ごすために私たちがサポートします。

新しい通所リハビリテーション

『もう一度こんな生活がしたい』という利用者さんの願いに寄り添っていく、リハビリテーション専門職が中心となった事業所です。

  • 運動はしたいけど、長い時間がいや
  • 外来リハビリは終了したけど、もう一度チャレンジしたい
  • 自分でご飯を作りたい
  • 出かけたい場所がある

そんな利用者さんのリハビリニーズにこたえます。
今までの機能向上中心の通所リハビリとは異なり、「生活の中で出来る限り自分らしい生き方ができる」、「地域の中で生きがいや役割をもって生活ができる」、そんな居場所と出番作りを支援します。

QOL(生活の質)の追求

身体機能の改善だけでなく本来のリハビリテーションの目的であるQOL(生活の質)の追求、介護予防、生活行為向上、参加と活動に焦点を当てたリハビリテーションを行います。
暮らしの中で健やかに生きるお手伝いができれば幸いです。

これまで

1993 年、京都民医連第二中央病院にて老人デイケアとしてスタートしたデイケア「なの花」は、病院から退院した方や地域の高齢者の方の健康と生活を22年間支援してきました。2016 年6月、あらたにあすかい診療所2階にて新しい通所リハビリテーションとしてリハビリ中心のデイケアとして生まれかわりました。