新型コロナウィルス感染症者の発生について(第四報)

2021年1月7日
院長 中川裕美子

当院南2病棟に関連のあった患者様と職員全員のPCR検査を行い、患者様7名、職員12名、計19名全員の陰性を確認いたしました。
南2病棟につきましては、患者様、職員のさらなる健康観察を継続してまいります。つきましては新規入院受け入れを再開いたします。

ご心配をおかけし、大変申し訳ございませんでした。

当院は、引き続き感染拡大防止に全力で努めてまいります。

新型コロナウィルス感染症者の発生について(第三報)

2021年1月6日
院長 中川裕美子

昨日、1月5日に当院南2病棟から他院へ転院された入院患者様が転院先で新型コロナウイルスPCR検査が陽性であったことが判明いたしました。

京都市の指導に基づき、当該患者様と関連のある患者様および当院職員にPCR検査を施行しております。

今後の経過等は、追って、ホームページにてご報告いたします。

ご心配をおかけし、大変申し訳ございません。当院は、引き続き、京都市の指導の下、感染拡大防止に全力で努めてまいります。

新型コロナウィルス感染症者の発生について(第二報)

2020年12月26日
院長 中川裕美子

京都市の指導に基づき、当該職員がかかわった方の特定を行い、入院患者様49名、職員5名のPCR検査を行い、すべて陰性であることを確認しました。

引き続き、入院患者さん並びに職員の健康観察を継続し、必要な対応を行いながら感染拡大防止に万全を期してまいります。皆様にご不安をおかけしましたことを、お詫び申し上げます。

新型コロナウィルス感染症者の発生について(第一報)

2020年12月23日
院長 中川裕美子

本日12月23日、当院の回復期リハビリテーション病棟のリハスタッフが、新型コロナウイルスに感染していることが判明いたしました。感染経路に関してはわかっておりません。現在、当該職員は自宅療養中で、容態は安定しています。

京都市の指導に基づき、当該職員がかかわった方の特定を行い、ご本人ならびにご家族に連絡し、必要なPCR検査等の対応を行っております。
検査結果等は、追って、ホームページにてご報告いたします。

ご心配をおかけし、大変申し訳ございません。当院は、引き続き、京都市の指導の下、感染拡大防止に全力で努めてまいります。

トップページへ戻る